大島歯科医院

栃木市の大島歯科医院:小さいお子様からお年寄りまで。急な診療も受付可です。

コンテンツ

Neo-cap.System

 
24時間ネット予約はこちら

 
HOME»  歯磨きの重要性について見直そう

歯磨きの重要性について見直そう

当院では、「すべての患者さんが一生自分の歯でおいしく食事できること」をモットーに歯科治療を行っております。自分の歯を守るためには、何と言っても毎日の歯磨きが重要です。それも、ただ歯ブラシでゴシゴシこするだけでなく、正しい方法で磨かなければ意味がありません。そこで、こちらでは歯磨きの重要性について改めて紹介したいと思います。

歯磨きの役割を思い出そう

小さい頃に受けた歯磨き指導を覚えていますか?歯を磨くという行為には、虫歯や歯周病の原因になるプラークを落とすだけでなく、歯周ポケットに細菌が入り込まないよう歯茎を鍛える役割もあります。また、歯磨きには虫歯や歯周病を予防するための磨き方と、歯周病に対する磨き方の2種類があります。歯と歯茎が健康であれば、予防のための磨き方で構いませんが、歯茎の腫れや出血、グラグラと歯が動くようでしたら、歯周病に対する磨き方を意識しましょう。

歯周病に対する磨き方のコツ

出血させないよう意識して磨く

プラークを落とそうと力任せに歯を磨くと、歯茎が腫れたり出血したりするだけでなく、磨き残しが出やすくなってしまいます。歯ブラシはペンを持つようにし、優しく小刻みに動かして磨きましょう。できるだけ出血させないよう意識し、丁寧に磨いてください。

歯と歯茎の境目を意識して磨く

歯周病に対する歯磨きは、通常の歯磨きよりも歯と歯茎の境目を意識して磨くことが重要です。なぜなら、歯ブラシ1本で磨けるのは口内の約80%だけで、残りの約20%は歯ブラシの毛先が入り込めず、磨き残しの状態になっているからです。磨き残しをなくすためには、デンタルフロスや歯間ブラシといった補助器具の活用が有効です。

最低10分かけて磨く

歯磨きは、なるべく10分程かけて丁寧に磨いてください。電動ブラシを使用すると時間短縮に役立ちます。但し、電動ブラシは簡単そうで、難しいので、正しい使用法の指導を受けてください。鏡で確認しながら磨くのが望ましいですが、正しい歯磨きの方法に慣れると、テレビを見たり湯船に浸かったりする時間を活用して、飽きずに磨き続けることができます。

当院では、歯ブラシの選び方から細かい所の磨き方まで、患者さんに合わせた指導をさせていただきます。大切なお子さんが虫歯や歯周病にならないよう、正しい歯磨きの方法は子供のうちから教えておくことをおすすめいたします。

栃木市で歯科医院をお探しでしたら、ぜひ当院へお越しください。一般歯科や予防歯科、小児歯科のほかにも、入れ歯インプラント、人気のホワイトニングも承っております。口内のお悩みやトラブルは、お気軽にご相談ください。新栃木駅から徒歩8分の場所にあり、お車でお越しの場合は、駐車場スペースも12台分、完備しておりますのでそちらをご利用ください。