大島歯科医院

栃木市の大島歯科医院:小さいお子様からお年寄りまで。急な診療も受付可です。

コンテンツ

Neo-cap.System

 
24時間ネット予約はこちら

 
HOME»  乳歯の虫歯について

乳歯の虫歯について

虫歯や歯周病の初期段階は自覚症状があまりなく、痛みが出た時には重症化していることがあります。特に、乳歯の虫歯は進行が早いです。大切なお子様の歯を虫歯から守るためにも、その特徴を把握しておきましょう。

乳歯が虫歯になりやすい理由

歯の表面は、体の中で一番硬いエナメル質という組織でできています。様々な外部刺激から歯の神経が通っている部分を守っていますが、乳歯のエナメル質は永久歯の半分しかありません。そのため虫歯になりやすく、歯が溶け出すとすぐに神経まで進行してしまいます。

それから乳歯の奥歯は細かな溝があり、汚れが溜りやすい形をしているのも理由の1つです。そんな乳歯の虫歯は歯と歯の間にできやすく、白いことが多いです。見た目にはわかりづらいので、歯磨きの時に見逃さないよう気をつけましょう。

乳歯の虫歯ができやすい場所

乳歯の虫歯ができやすい場所として挙げられるのが、すき間のない奥歯と奥歯の間です。歯ブラシで汚れを落とすことができず、磨き残しができてしまいます。放っておくと虫歯になってしまうので、デンタルフロスを活用しましょう。

それから、哺乳瓶を使ってミルクやジュースを飲ませていると、上顎の前歯と前歯の間に虫歯ができることもあります。奥歯の溝や歯茎の間も虫歯ができやすいので、磨き残しがないように丁寧に磨くことを心掛けてください。

乳歯の虫歯を放置すると

乳歯の虫歯をそのまま放っておくと、口の中で虫歯菌が増殖します。そのような口内環境の中で永久歯が生えてくると、虫歯になるリスクが高くなるのです。それに虫歯が進行して炎症を起こすと、永久歯が綺麗に生え揃わないこともあります。乳歯はいずれ抜けるからと軽く考えず、定期健診を受けて予防に努めることが大切です。

小児歯科では、乳歯の虫歯治療や予防などお子様の歯を守るためのサポートをしています。栃木市で小児歯科をお探しでしたら、当院をご利用ください。お子様と話しをし、器具や器材を触らせるなどして痛くない・怖くないことを理解してもらってから治療をはじめます。
予防歯科では、歯磨き指導フッ素塗布などを行っています。小児歯科の他に一般歯科、矯正治療、インプラントなどの治療を行っていますので、歯に関することでお悩みでしたらお気軽にご相談ください。