大島歯科医院

栃木市の大島歯科医院:小さいお子様からお年寄りまで。急な診療も受付可です。

コンテンツ

Neo-cap.System

 
24時間ネット予約はこちら

 
HOME»  矯正治療が必要なケース

矯正治療が必要なケース

歯並びの乱れは遺伝の影響、生活習慣、癖などの様々な理由があります。歯並びの乱れを放置すると、心と体に様々な影響を及ぼすので危険です。こちらでは、矯正治療が必要なケースについてご説明します。

八重歯・乱交歯

日本人に多く見られる症状として、八重歯・乱交歯が挙げられます。歯に対してあごが小さい、あごに対して歯が大きい、もしくはその両方に当てはまり、歯がデコボコに生えている状態を乱交歯といいます。この状態が悪化し、歯列からはみ出して重なり合って生えるのが八重歯です。八重歯はかわいいと言われることもありますが、虫歯になりやすいため矯正することをおすすめします。

受け口

通常、前歯は上が出ていて下が内側になっています。通常とは逆に、下が出ていて上が内側になっている状態が受け口です。
この状態だと前歯で物を噛むことが難しく、サ行やタ行が正確に発音できないなどの影響があります。また、あごの成長障害によって顔の形が変わってしまうこともあるため、矯正治療を受けたほうがいいでしょう。

出っ歯

出っ歯は専門用語で上顎前突といい、上の前歯だけ、あるいは上あご自体が前に出ている状態のことです。歯が前に出ていることで唇が閉じにくく、口の中が乾燥し、歯周病や虫歯になりやすいというリスクがあります。また受け口と同じように前歯で物を噛むことが難しいため、あごに負担をかけてしまいます。そのままだと顎関節症になる可能性も高くなるので、あまり気にされていない方も矯正歯科の受診をお考えください。

矯正治療では見た目の美しさを手に入れるだけでなく、健康な歯を維持していく口内環境も手に入れることができます。栃木市で矯正歯科の利用をお考えでしたら、当院へご相談ください。ワイヤー矯正マウスピース床矯正という3種類の方法で治療を行っています。

歯並びやあごの状態だけを見て治療法を決めるのではなく、性格や希望もお伺いして患者さんに合う方法をご提案いたします。費用が高額、治療期間が長いなどのイメージを覆すマウスピース型矯正もあるので、希望される方はお問い合わせください。矯正歯科の他に一般歯科、小児歯科、インプラントなどの治療でお口の健康を保つサポートをいたします。