〒328-0071 栃木県栃木市大町1-10

フウフ ヨイハニ

TEL 0282-22-4182

歯科医師・スタッフ

  • HOME
  • 歯科医師・スタッフ

院長:大島安晴 Dr. Yasuharu Ooshima

院長:大島安晴 Dr. Yasuharu Ooshima

こんにちは、院長の大島です。
私たちのホームページを見ていただき、ありがとうございます。

私は、患者様の希望するところを最善の治療をしたいと考えています。
その場所だけその場限りの治療をすると、後で痛みを起こしたり外れたり、ぐらぐらして抜くことも少なくありません。
できる限りご自分の歯を残すために、お口の中全体を把握して最良の方法を提案し、
納得し了解を得てから治療をしたいと考えています。
ですから、時間も回数もかかる場合もあります。
しかし、理想の治療を望んでも患者様はお忙しくて時間の余裕のない方がほとんどです。患者様の許される範囲内でできる限り良い治療をしたいので、何でもいっていただきたいと思っています。

早期発見、早期治療が健康なお口を生涯維持していただくために最も大切なことです。
半年に一度の定期健診の受診をお勧めしています。

●経歴

1976年 栃木県立栃木高校卒業
1976年 群馬大学工学部入学
1978年 日本大学松戸歯学部入学
1984年 日本大学松戸歯学部卒業
1984年 渋谷区高杉歯科クリニック勤務
1985年 東小金井歯科勤務(岩田健男先生師事)
1987年 大島歯科医院開院
1995年 法人化により医療法人大島歯科医院に改称

●所属団体・学会

栃木県歯科医師会
SAS矯正歯科医会
日本小児歯科学会
日本口腔インプラント学会
日本アンチエイジング歯科学会 認定医
松戸歯科麻酔同門研修会
日本オゾン医療・審美学会 認定医
日本・アジア健康科学支援機構
CARISOLV・KINDERSOLV・PERISOLV認定医

副院長:大島貴子 Dr. Atsuko Ooshima

副院長:大島貴子 Dr. Atsuko Ooshima

●経歴

1978年 日本大学松戸歯学部入学
1984年 日本大学松戸歯学部卒業
1984年 中野区中島歯科医院勤務
1985年 東京都小金井市木所歯科医院勤務

私の理想は、かかりつけ医(HOME DOCTOR)。
小さなお子様からお年寄りまでの各世代に対応できるファミリードクターになることです。

「先生、ありがとう!!」の笑顔を楽しみに日々診療に専心しています。

本当に良い歯医者さんとは

さて、突然の質問ですが、皆さんにとって「いい歯科医院」とはどんな病院ですか?
痛くない・やさしい・治療が丁寧・家から近い・晩くまで治療している…
これらはとても大切なことですから、私たちも全力で取り組んでいます。
しかし、本当の「いい歯科医院」は、これだけでは十分ではありません。

本当に良い歯医者さんとは

どんなに痛くなくて、どんなに便利な歯科医院でも、それは「そのときだけの良さ」でしかありません。

私たちが本当に目指しているのは、「通院するすべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できること」です。
「食べる」という行為は、とても大切な生きる楽しみのひとつです。すこし大げさかもしれませんが、皆さんによりよい人生を送っていただきたい。
そのために、歯を一生守っていくお手伝いをしたいと考えています。
これは私たちスタッフ全員にとって、大切な仕事のやりがいでもあります。

歯を守っていくためには、まずは皆さんに基本的な知識をもっていただく必要があります。
そうはいっても、難しい勉強は必要ありません。
私たちはできるだけ皆さんに興味をもっていただけるように、ご自身のお口を確認しながら、現在どうなっているのか、
また、将来どこにどんな不安があるのかをご説明していきます。

治療方法は様々

治療方法は様々

治療はその方法によって、再発リスク・耐久性・身体への影響・美しさなど、さまざまな点で違いがあります。
そのため、お口の将来や費用面などを考慮して、いろいろなご提案をいたします。
説明はできるだけ詳しくいたしますので、じっくり考えていただき、十分にご納得いただいた上で治療をしていきます。

このように、一般の歯科医院に比べると、私たちの医院は多少説明が多いかもしれません。
しかしながら、「とりあえず今痛いところを治してそれで終わり。また悪くなったら通院」を繰り返していては、一生自分の歯でおいしく食事することは難しくなります。
いらっしゃるたびに悪化するお口を見ると、私たちもとても辛くなります。

私たちが目指すもの

私たちが目指すもの

私たちが目指すのは「通院するすべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できること」です。
そのために、多少の時間はかかってでも、最低限のご説明だけはしたいと考えておりますので、どうかご理解よろしくお願いいたします。

当医院スタッフ

▲院長と副院長
▲院長と副院長
▲院長、副院長とスタッフ
▲院長、副院長とスタッフ
▲歯科衛生士
▲歯科衛生士
▲歯科技工士
▲歯科技工士