〒328-0071 栃木県栃木市大町1-10

フウフ ヨイハニ

TEL 0282-22-4182

インプラント

  • HOME
  • インプラント

『インプラント』とは、あごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、それを土台にして、人工の歯を装着する治療法です。
隣の歯を削らないので、他の歯に負担がかかりません。見た目の美しさ、機能的にも優れた治療法です。

「ブリッジは、歯を削らなければいけないのでいやだ!」

「入れ歯は邪魔だし面倒だし、あたって痛くて噛めない!」

と、悩んでいる方にお勧めなのが、インプラント治療です。

「インプラントに興味があるけれど、手術が怖い」と治療を敬遠している方はいませんか?
手術後、痛んだり、腫れたりすることはほとんどありません。

ドリルの音や振動がいやな方は、ドリルをほとんど使わないで、特殊な器具を使って手術をすることもできます。また、前歯で、抜いて歯がないままじゃいやな方は、抜いたその日にインプラントを埋め込み、仮の歯を入れられる場合もあります。
当医院では、患者様のあごの状態、全身的な状態、ご希望をよくお聞きして、最善の治療方法を提案いたします。

インプラントが最善でないこともあります。

現在4種類のメーカーのインプラントを取り扱い、その人にあったものを選択しています。

インプラントの治療が終わった後、定期的に検診を受け、毎日の歯磨きで落としきれない汚れや、インプラントの状態(噛み合わせ)をチェックしてもらうことがインプラントを長持ちさせる秘訣です。
当医院では、術後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、その後は基本的には6ヶ月後に連絡させていただくシステムになっています。
患者様のご希望により、毎月クリーニングしている方も結構いらっしゃいます。

インプラント治療で1番大切なのは、治療後のケアです。

ケアを怠ってインプラントまで失ってしまうことのないようにケアしてあげましょう。
特に、歯周病で歯を失った方はケアが必須です。

インプラント

失った歯を取り戻す治療法

虫歯や歯周病、病気、事故などで歯を失った場合、失ってしまった歯を取り戻す治療法は主に3つあります。
こちらでは、3つの治療法のメリット・デメリットをご説明します。

入れ歯

失ってしまった歯を取り戻す治療法として、古くからあるのが入れ歯です。樹脂で失った部分の歯と歯茎を作り、金属などのバネで残っている歯に引っ掛けて固定します。部分入れ歯から総入れ歯まで広範囲に対応できて、簡単に取り外せるのがメリットです。しかし装着時に違和感があり、硬いものや粘り気のあるものは噛みにくいなどのデメリットがあることも把握しておきましょう。

ブリッジ

何らかの原因で歯を失ってしまっても、自分の歯に近づけるように修復可能なのがブリッジです。失った歯の両側を削って土台にし、連結した義歯を装着する治療法です。ブリッジは固定式のため、装着の煩わしさや違和感がほとんどないというメリットがあります。しかしブリッジを固定するためには、両側の歯が健康であっても削らなければいけないというデメリットがあります。

インプラント

自然な見た目で、噛む力も回復するのがインプラントです。あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を装着します。
ブリッジや入れ歯と違って残った歯に負担をかけず、広範囲に対応できます。

また、天然の歯に似た構造でできているため、メンテナンスが容易でブリッジや入れ歯に比べると長持ちしやすいのもインプラントならではのメリットです。手術に不安感を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、術後の痛みや腫れはほとんどありません。

ただし外科的な処置を必要とするため、お口の状態や体の状態によっては治療ができないこともあります。まずは歯医者へ行き、インプラント治療が向いているか、費用はいくらかかるかをご確認ください。

栃木市にある当院では、義歯作製もインプラント治療も行っています。義歯作製では保険適用でも満足していただけるように設計し、メンテナンスや修理の相談にも対応しています。インプラント治療ではドリルをほとんど使わない特殊器具を用いた手術が可能で、治療後のケアも行っているのでご安心ください。

またお口の健康をサポートする以外に、フェイシャルエステも行っています。アンチエイジングの取り組みとして、お気軽にご利用ください。

インプラント後は定期的なメンテナンスを

インプラント治療は咀嚼機能や審美性を回復させてくれる画期的な治療であり、今では多くの方がインプラント治療を選んでいます。
様々なメリットを持つインプラントですが、インプラント後はメンテナンスを怠らないようお気をつけください。

メンテナンスは寿命を左右する

定期的なメンテナンスは、インプラントを長持ちさせることに繋がります。私たちが本来持つ「永久歯」は歯磨きやクリーニングというメンテナンスによって守られていますが、これは「第二の永久歯」と呼ばれるインプラントも同様です。毎日のブラッシングは、ご自身の歯だけでなく、第二の永久歯を守ることにも繋がります。

尚、ブラッシングの方法によっては磨き残しが、口内の健康を損なわせてしまう可能性があるため、歯科医院で定期的なクリーニングを受けることをお勧めします。

定期的なメンテナンスを勧める理由

定期的なメンテナンスを勧める一番の理由は、インプラント周囲炎を予防するためです。インプラント周囲炎とは、インプラント部位の痛みや歯茎の腫れ、出血などの症状を引き起こすものであり、主にメンテナンスを怠ったことによって発生します。

インプラント周囲炎の厄介な点は、他の歯にも弊害をもたらす可能性があるところです。インプラント周囲炎を引き起こしているということは、口内で歯周病細菌が増殖していることの現われですので、他の部位も炎症を起こす可能性があります。インプラントは通常の歯に比べると細菌に弱いのですが、だからこそ定期的なメンテナンスを行い、健康を保つ必要があるのです。

栃木市にある当院では、一般歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニングの治療を行っております。当院のインプラント治療は、ドリルをほとんど使わない特殊器具を用いた手術も可能なため、ドリルの音や振動が苦手な方にも最適です。

尚、治療の際は患者様のあごの状態、全身的な状態、ご希望をよくお伺いした上で最善の治療方法をご提案いたします。
費用や治療内容などについて分からないことがございましたら、お気軽にご相談ください。